髪のトラブルと心の悩み・因果関係

snail-196275_1280

円形脱毛症というと、ストレスが影響する抜け毛の症状と思われがちです。ですが、円形脱毛症とストレスの関係性を示す医学的データは、現在のところないということです。

一方で脱毛症を扱う皮膚科の医師などによれば、ストレスが原因の可能性が高い患者さんの症例も少なくないといいます。たとえば、長期間に渡ってその皮膚科で診察を受けている患者さんが、ストレスが過剰な環境下に置かれると円形脱毛症が起こるというケースもあるというのです。因果関係ははっきりとはしていないものの、そのような結果から、見過ごせない誘引であるとはいえそうです。

円形脱毛症が起こる年代は、どの年齢でも見られるものの、20歳代の女性が最も多いということです。女性限定の病気ではありませんが、比率としては男性の1.5倍多いと言われている、女性を悩ます脱毛症のひとつとなっています。

円形脱毛症は早期に治療を始めるほど、症状を効果的に抑えることが可能な病気です。どんな治療法が最適化には個人差がありますが、脱毛症状が見られた場合は、できるだけ早く専門医に相談することがベストな解決方法になります。

薄毛、抜け毛の悩みというのは、そのまま心の問題にもつながるものです。髪の毛が薄くなったことを気に病んで、自分の外見に欠点がある、醜い、おかしいと思い込むことから、精神面によくない影響を与えることもあります。毎日髪の毛のことばかりが気になる、人前に出るのが嫌になる、なにをするにしても気力が湧かないなどといった状態になる「身体醜形障害」「醜形恐怖症」などに陥ることもあるのです。

これは若い人や女性など、外見が気になる人達にとっての大きな悩みとなりかねないものです。このように体の問題が、心に悪影響を及ぼすときには、それを精神症状と受け止めることも大切になってきます。心療内科医や精神科医のカウンセリングを受け、精神療法や薬物療法が必要なケースもあり、また改善も可能です。

実際の薄毛治療で薄毛、抜け毛が改善することで外見が良くなれば、気持ちが楽になり自信も持てるようになります。そういったことから、育毛剤や薄毛対策サプリなども利用しながらの心と体の両面からの改善が、その人にとってのより良い対処になることもあるのです。

 

josh